公認会計士を目指す年齢について

公認会計士を目指して様々な勉強をしている方は多いですが、年齢層も様々です。なぜ年齢層が幅広いのかというと、試験を受けられる条件における年齢の幅が広いからです。その為、色々な年齢層の人たちが毎年試験を受けています。

しかし、年齢幅が広いと言っても将来のことを考えている人が多いので、ある程度の年齢まで達すると諦めてしまう人も多いようです。基本的に受験する人が多いと言われている人たちは大学生や大学院、20代から30代の社会人です。どちらかというと若手と言われる人たちの受験が圧倒的に多いと言われています。

では、年齢を重ね過ぎると合格することはできないのかというと、そうではありません。基本的には40代、50代の人たちも試験に挑戦することは可能なので、受かる可能性はあります。しかし、公認会計士はどちらかというと若い人が有利とされており、なぜ、若い人の方が有利かというと、筆記試験に合格してからは2年間の実務経験を積まなければならないからです。そして、修了考査を受けて見事合格した人だけが公認会計士として活躍することができます。全てのステップをクリアするまで3年から5年以上はかかると言われているため、できる限り若手の方が有利だと言われています。

公認会計士に向いている人は?

学生の方は将来何になろうか迷っているという方も多いのではないでしょうか。世の中にはたくさんの職業があるので迷うこともあるかと思います。また、公認会計士について知りたいと思っている方も多いのではないでしょうか。興味があるという人のために、こちらでは、どのような人が公認会計士に向いているのかを紹介します。

まず1つ目は数字に強い人です。基本的に数字に弱い人は資格取得にてこずることもあると言われています。公認会計士の仕事は毎日数字との戦いです。その為、数字が嫌いなのに適当な気持ちで公認会計士になろうと思ってもなかなか資格を取得できない可能性が高いです。逆に数字に強くて自信がある方は目指してもいいのではないでしょうか。

また2つ目に経済や経営に興味があるという人も公認会計士に向いているでしょう。公認会計士は企業の経営状態をチェックする監査の仕事が中心です。経済や経営に興味がないと出来ない仕事になるので、特に興味があるという方は公認会計士を目指してみるといいでしょう。

これから就職について考える人も多いかと思いますが、後悔したくないと思っている人は自分の好きなことに挑戦できる職業について考えるといいでしょう。

社会人でも勉強はできるの?

学生は公認会計士のための勉強を学校で行うことができるので、恵まれた環境が整っていますが、在学中に試験に合格することができなければあとは自力で頑張るしかないと思っている方も多いのではないでしょうか。確かに卒業後は自分で勉強する人もいますが、近年では社会人になってからも勉強できる環境が整っており、社会人講座というものが存在しています。具体的に利用することでどんな利点があるのか紹介します。

まず1つ目の利点は社会人になってからも講師に教えてもらえることです。社会人になると誰からの教育も受けられないのではないかと思っている人は多いですが、公認会計士について学べる社会人講座では講師からしっかりと教わることができるので、在学中と同じような環境で勉強することができます。大人になってからも公認会計士を目指せるというメリットがあります。

また、2つ目は通うスタイルも自由だという利点があります。例えば朝だけの講習や夜だけの講習など人それぞれ仕事をしていると講習を受けられる時間帯や日にちが異なります。社会人講座は仕事をしながらでも通える環境になっているので、それぞれ自由なスタイルで学ぶことが可能です。通いやすい環境なので働きながら勉強をする人も増えています。