学生の方は将来何になろうか迷っているという方も多いのではないでしょうか。世の中にはたくさんの職業があるので迷うこともあるかと思います。また、公認会計士について知りたいと思っている方も多いのではないでしょうか。興味があるという人のために、こちらでは、どのような人が公認会計士に向いているのかを紹介します。

まず1つ目は数字に強い人です。基本的に数字に弱い人は資格取得にてこずることもあると言われています。公認会計士の仕事は毎日数字との戦いです。その為、数字が嫌いなのに適当な気持ちで公認会計士になろうと思ってもなかなか資格を取得できない可能性が高いです。逆に数字に強くて自信がある方は目指してもいいのではないでしょうか。

また2つ目に経済や経営に興味があるという人も公認会計士に向いているでしょう。公認会計士は企業の経営状態をチェックする監査の仕事が中心です。経済や経営に興味がないと出来ない仕事になるので、特に興味があるという方は公認会計士を目指してみるといいでしょう。

これから就職について考える人も多いかと思いますが、後悔したくないと思っている人は自分の好きなことに挑戦できる職業について考えるといいでしょう。