公認会計士を目指して様々な勉強をしている方は多いですが、年齢層も様々です。なぜ年齢層が幅広いのかというと、試験を受けられる条件における年齢の幅が広いからです。その為、色々な年齢層の人たちが毎年試験を受けています。

しかし、年齢幅が広いと言っても将来のことを考えている人が多いので、ある程度の年齢まで達すると諦めてしまう人も多いようです。基本的に受験する人が多いと言われている人たちは大学生や大学院、20代から30代の社会人です。どちらかというと若手と言われる人たちの受験が圧倒的に多いと言われています。

では、年齢を重ね過ぎると合格することはできないのかというと、そうではありません。基本的には40代、50代の人たちも試験に挑戦することは可能なので、受かる可能性はあります。しかし、公認会計士はどちらかというと若い人が有利とされており、なぜ、若い人の方が有利かというと、筆記試験に合格してからは2年間の実務経験を積まなければならないからです。そして、修了考査を受けて見事合格した人だけが公認会計士として活躍することができます。全てのステップをクリアするまで3年から5年以上はかかると言われているため、できる限り若手の方が有利だと言われています。