公認会計士は独学でもできるのか?それとも講座を受けた方がいいのか

公認会計士になるために邁進しているという方も多いのではないでしょうか。公認会計士の筆記試験は医師や弁護士と同じくらい難しいと言われており、合格率も高くはありません。例えば100人の願書提出者がいるとしたら合格する人は約10人以下です。10%にも満たないのが現状なので思っている以上に勉強をしないといけないと言われています。そんな難関だと言われる公認会計士ですが、人それぞれ勉強方法は異なります。大きく分けると独学と学校での勉強するという2種類のパターンに分かれますが、どちらを選んだ方がいいのでしょうか。

まず独学ですが、学費や講座を受けるための費用はかかりません。基本的にはテキストや試験費用だけで済みますが、独学ではテキストもそれほど多くは販売されていないですし、試験の中には論文式というのがあり、これは文章での解答になるので添削や修正を自分で行うのは難しいです。こういったこともあり、あまり独学は現実的ではないと言われています。

それに比べて学校での勉強や社会人講座を受けながらの勉強は費用はかかりますが、講師に教えてもらうことができ、添削や修正も全て任せることができます。効率がいいですし、しっかりと対策ができるというメリットがあるので、選ぶ人は多いです。

このように、比較をしても学校や講座を受けた方が効率はいいです。このサイトでは公認会計士を目指している方のためにも知っておきたいことをいくつか紹介します。